くらし情報『丸山桂里奈、“ポロリ”シーンも堂々アピール「自分でも衝撃的」』

丸山桂里奈、“ポロリ”シーンも堂々アピール「自分でも衝撃的」

2018年4月10日 21:46
 

関連リンク

・「B’z」記念イベントに稲葉浩志がお忍び参加も気付かれず
・キャサリン妃、第3子男児を出産 ウィリアム王子が立ち合い
・マキタスポーツ、プチ鹿島、米粒写経がオフィス北野からFA宣言 残留・移籍・独立を検討
体当たりロケで“ポロリ”を明かした丸山桂里奈 (C)ORICON NewS inc.

体当たりロケで“ポロリ”を明かした丸山桂里奈(C)ORICON NewS inc.


元女子サッカー選手の丸山桂里奈(35)が10日、都内で行われたTBS系不定期特番『アイ・アム・冒険少年』(18日放送後8:00)の収録後囲み取材に参加した。無人島をサバイバルしながら脱出を試みる人気企画『脱出島』に参戦した丸山だったが、水着になった場面ではまさかの“ポロリ”してしまうハプニングがあったという。しかし、その場面を見どころとして挙げえると「やっぱり自分でも衝撃的だし、なかなかそういう機会もないので横目でいいんで見てください」と堂々とアピールしてみせた。

今回フィリピンの無人島を舞台に、ピンク・レディーの未唯mie(60)と、元アスリートの丸山、そしてオードリー春日俊彰と三つ巴の戦いを展開。未唯は丸山の奮闘に「こんなにバラエティーに向いている方だったとは。あそこまでいっぱいいろんなものが出てくるのはすごい」と圧倒された様子。

一方、還暦を迎えたばかりの未唯には少々過酷なチャレンジとも思われたが「まずはこんな私にこういうことをやらせてみたいと思ってくださったことに、だったらやってみたいな、と。そして完全なるサバイバルでしたら、自分で取り繕ってる部分があるのであれば丸裸の私が現れるんじゃないかと…」と出演を決意したことを告白。

「旅行も一人で行ったことがない」「運動神経ゼロ」という未唯だったが、意外にも防災グッズを武器に難局を立ち向かい、「サバイバルに向いてるんじゃ」と自信も獲得。最後にはさすがの根性をみせた未唯に、丸山は「私もアスリートだった時にこれくらい諦めない気持ちを持てばよかったと思えた。それくらい衝撃的でした。本当に感動しました」と刺激を受けていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.