くらし情報『坂上忍、変身するならトランプ大統領「ホワイトハウスを見てみたい」』

坂上忍、変身するならトランプ大統領「ホワイトハウスを見てみたい」

2018年4月11日 19:27
 

関連リンク

・DIR EN GREY、新曲に大物エンジニア起用 全世界マーケットを重視
・「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたアダム・リッポン、歌手シェールの称賛メッセージに感謝
・叶姉妹はQカップ!「巨乳化」する日本人女性
トランプ大統領への変身願望を語った坂上忍 (C)ORICON NewS inc.

トランプ大統領への変身願望を語った坂上忍(C)ORICON NewS inc.


俳優の坂上忍が11日、都内で行われたスティーブン・スピルバーグ監督の新作映画『レディ・プレイヤー1』IMAX3D完成披露試写会に出席。同作が、誰でもなりたいものになれる巨大なVRワールド「オアシス」が舞台になっていることにちなみ「誰にでもなれるとしたら誰になりたい?」と質問を受けると、「今だったら(アメリカの)ドナルド・トランプ大統領ですかね」とぶち上げた。

その真意について「ホワイトハウスの中を見てみたいし、大統領になったら各国の首脳と会っているじゃないですか。ちょっと、トランプになって『ユー・アー・ファイヤード』(お前はクビだ)とか言ってみたいですね」と説明。「本当はワンちゃんにもなって、ウチの犬としゃべれないかなと思うことがあるんですけど…」と愛犬家の一面ものぞかせた。

イベントには、スピルバーグ監督自らの指名で、本作の主要キャストの一員に抜てきされた森崎ウィンも登壇。監督について「偉大な方ですし、僕にとって神様のような方なんですけど、すごく僕と同じ目線で話をしてくれて、本当に神が降臨っていうか…気軽に話せる神様という感じでした」と撮影時の印象を回想。「毎朝ハグから始まるんですけど、監督のハグがすごく気持ちいいんですよ」と熱っぽく話しながら「失敗しても、いい意味でプレッシャーを与えてこなくて『ごめん。ちょっと、もう1回やってみような』という風に気を使ってくれて、僕らがナチュラルにいられるようにしてくれていました」と感謝の思いを伝えていた。

同作は、アーネスト・クライン氏のベストセラー小説を映画化。2045年を舞台に、主人公の少年ウェイドらが、巨大なVRワールド「オアシス」の創始者ハリーが仕掛けた3つの謎を解き明かし、全人類が参加する宝探しを制するために壮大な冒険を繰り広げる。映画やゲーム、アニメが夢の共演を果たすことでも話題を集めており、日本からもガンダムや、『AKIRA』の金田のバイクなど、数多くの作品が登場する。

同作は20日より上映される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.