くらし情報『木梨憲武、高校生に熱い言葉「大好きなことを探して」 粋な計らいで急きょプレゼントも』

木梨憲武、高校生に熱い言葉「大好きなことを探して」 粋な計らいで急きょプレゼントも

2018年4月12日 20:49
 

関連リンク

・渋谷すばる、会見後初ラジオで脱退に心境 ツアー不参加の理由「6人の体制作らなければいけない」
・『アベンジャーズ』吹替声優陣にも箝口令「自分のところ以外はわからない」
・ももクロ結成10周年記念本 2巻同時発売 グラビア、衣裳図鑑、5人最後の1週間も
とんねるずの木梨憲武 (C)ORICON NewS inc.

とんねるずの木梨憲武(C)ORICON NewS inc.


お笑いコンビ・とんねるずの木梨憲武(56)が29日、都内で行われた映画『いぬやしき』(20日公開)高校生限定応援試写会に出席。会場に集まった元気いっぱいの高校生たちへ向けて、就職先を4ヶ月で辞めて石橋貴明(56)とコンビを結成し、お笑いの世界に飛び込んだ自身の経験を踏まえて「みんなも自分の好きなこと、興味あることを、大好きなことを探して、そこに向かって頑張ってほしい」と熱い言葉を送った。

高校時代のことを聞かれた木梨は、帝京高校でサッカーに打ち込んでいたことを振り返り、「うまい人がいっぱい集まってくるから、おじさんはギリギリ補欠だった。そこからサッカーをあがって。就職をしたけれど、石橋貴明さんから誘いがあって、コントとかテレビの世界が面白そうなので、就職先を4ヶ月で辞めて自分の好きな世界でやらせてもらいました」と回顧。「18歳からスタートしたので、みんなも間もなくだと思う。一番大好きなものを探して頑張ってほしい。ここから楽しい人生が待っています」と呼びかけた。

イベント中には、高校生からの質問コーナーで「『とんねるずのみなさんのおかげでした』お疲れ様でした」と声をかけられ、「みんなにとっては『食わず嫌いのおじさん』みたいな感じでしょ?」と笑わせる一幕も。サッカー選手に憧れていたが、卒業後に就職を考えているという高校生に向けては「おじさん、急に歌手やったり、女の人の制服着てコントやったり、絵を描いたり。免許とハンコがない仕事も自分の思いだけでスタートして、深く強く思うとそれが現実になると思う」と話し、「夢がかなうときが絶対来る。頑張ってください」とエールを送った。

同作は、奥浩哉氏の人気漫画を、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介監督が実写映画化。突然の事故をきっかけに、超人的な能力を得た初老のサラリーマンと高校生が、それぞれの目的で強大な力を行使するさまを描く。この日はそのほか佐藤健(29)、三吉彩花(21)も出席。急きょ、木梨の発案で自身が着ていたオーバーオール、サイン入りの映画Tシャツをプレゼントするじゃんけん大会も行われ、粋な計らいに高校生たちは大喜びしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.