くらし情報『未来のブロードウェイスターが躍動 ダンスステージ『HBDA SHOWCASE 2018』公演』

未来のブロードウェイスターが躍動 ダンスステージ『HBDA SHOWCASE 2018』公演

2018年4月14日 13:28
 

関連リンク

・松田翔太&秋元梢、結婚祝福に感謝 母・松田美由紀も喜び「しあわせ」
・国分太一、山口達也の書類送検について謝罪【2分半コメント全文】
・国分太一、山口達也の書類送検を謝罪 目に涙を浮かべ4度頭を下げる
『HBDA SHOWCASE 2018』より(13日/東京・竹芝 ニューピアホール)。

『HBDA SHOWCASE 2018』より(13日/東京・竹芝 ニューピアホール)。


吉本興業が未来のブロードウェイスターを発掘するべく、3度のトニー賞に輝く“ブロードウェイのレジェンド”ヒントン・バトルとのタッグで昨年4月に開校した『ヒントン・バトルダンスアカデミー(HBDA)』。同アカデミーの開校から1年の集大成となるステージ『HBDA SHOWCASE 2018』が13日、東京・竹芝 ニューピアホールで開催された。本場の講師たちのトレーニングを受けた生徒たちが、晴れ舞台で1年間の成果を見せつけた。

ショーケースの始まりにはヒントン・バトルが登場し日本語であいさつ。彼は幕間にも度々登場するなど、学生たちへの愛を感じさせる。ショーケースはヒントン・バトル自身が演出・脚本・振付を担当。その他にもビヨンセ、マドンナの振付師として知られるアンソニー・バレルや、映画『座頭市』に出演、振付を行ったタップの名手・HIDEBOHなど、日米トップクラスの実力者による作品も披露された。

1幕目は世界の様々なダンスで構成された『HBDA DANCE EXTRAVAGANZA』。1曲目から和太鼓、大鼓とタップダンスの共演で圧倒。チェロ&ピアノの生演奏とバレエのコラボや、マイケル・ジャクソンのナンバーでの力強いヒップホップダンス、情熱的なモダンバレエ、そして映像とシンクロしたミュージックビデオナンバーなど、第一線のプロのダンサーの条件、バレエ、モダン、タップ、ヒップホップを全て織り込んだ構成で、その成長を見せつけた。

2幕目は高校の教室を舞台にした演劇風のステージ『DANZZZE DREAMS 2018』。夢多き学生たちの無限の想像の世界をダンスで表現した。満月の下のロマンチックな恋愛や、いじめられっ子の『忍者タップ』での逆襲、アイドルに憧れる女の子のスター幻想、そして、学生服からハイヒールにボンデージに変身し、セクシーディーバに覚醒するなど、ブロードウェイ級のダンスで圧倒した。また、なだき武、くまだまさしゆりやんレトリィバァら吉本芸人もゲスト出演、スター候補生たちの晴れ舞台に華を添えた。

『HBDASHOWCASE 2018』は14日17時からの公演もあり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.