くらし情報『カー娘、地元・北海道オホーツクをPR「たくさんの方に遊びに来てほしい」』

カー娘、地元・北海道オホーツクをPR「たくさんの方に遊びに来てほしい」

2018年5月25日 12:22
 

関連リンク

・大泉洋は大工修業、宮崎あおいは大型免許取得! 初共演ドラマに込める2人の「本気」
・スマフォ動画撮影も可能に? 日々進化する「コスプレイベント」の魅力
・DISH//、4人体制での初ツアー完走 新たな発表も<セットリスト>
北海道オホーツクをPRしたカー娘(左から)鈴木夕湖、吉田夕梨花、本橋麻里、藤澤五月、吉田知那美 (C)ORICON NewS inc.

北海道オホーツクをPRしたカー娘(左から)鈴木夕湖吉田夕梨花本橋麻里藤澤五月吉田知那美 (C)ORICON NewS inc.


平昌五輪カーリング女子銅メダルのロコ・ソラーレ(LS北見)の鈴木夕湖吉田夕梨花本橋麻里藤澤五月吉田知那美が、北海道オホーツク18市町村の魅力を発信する事業「オホーツクール」のアンバサダーに就任し、25日、都内で行われた発表会に出席。本橋は「本当にうれしく思います。たくさんの方に遊びに来てほしいです」と呼びかけた。

藤沢は「正直、私たちで本当にいいのかなって思いましたが、生まれ育ったオホーツクをPRできてうれしい」とにっこり。5人とも北見市出身で、吉田(知)は「便利ではない小さな町ですが、空が広い。オホーツクでは5キロくらい信号無しでランニングできます」とアピール。吉田(夕)は「私たちは遠征が多いですが、帰ってきて飛行機を降りた瞬間の澄んだ空気は最高の贅沢」、鈴木は「海産物も美味しくて農産物も新鮮。食べ物も魅力的です」と話していた。

長いシーズンを終えたばかりで、藤沢は「オリンピックの力って本当に大きいと感じました。日本中の皆さんが応援してくれて、私たちと一緒に悔しがってくれて。スポーツのちからってすごいなと改めて感じました」としみじみ。ブームとなった「そだねー」を求められると、本橋が「無理なんです」と断る一幕もあったが、パネルをもっての写真撮影では「オホーツ、クルー!」と笑い合うなど、和気あいあいとした様子だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.