くらし情報『ものまね四天王、26年ぶりテレビ共演 コロッケ番組降板&不仲説の“真相”明かす』

ものまね四天王、26年ぶりテレビ共演 コロッケ番組降板&不仲説の“真相”明かす

2018年6月19日 17:00
 

20日放送のフジテレビ系トークバラエティー『梅沢富美男のズバッと聞きます!』でものまね四天王が共演(C)フジテレビ

20日放送のフジテレビ系トークバラエティー『梅沢富美男のズバッと聞きます!』でものまね四天王が共演(C)フジテレビ


1980年代から90年代、毎回のように視聴率30%を超えていたバラエティー番組『ものまね王座決定戦』で“ものまね四天王”と称された清水アキラ、ビジー・フォー(グッチ裕三モト冬樹)、栗田貫一コロッケが、20日放送のフジテレビ系トークバラエティー『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(毎週水曜後10:00)で26年ぶりにテレビ共演することがわかった。金銭事情から“不仲説”の真相まで、4組そろって語り尽くす。

ものまね四天王の活躍がきっかけとなり、世間に「ものまねブーム」を巻き起こしたものの、1992年にコロッケが突然、番組を降板したことを最後に、4組でのテレビ共演がぴたりとストップ。今回、コロッケが「(四天王の)みんながいる時に聞いてもらった方がいい」と提案し、番組側がそのほかの3組にオファーをしたところ出演を快諾し、26年ぶりにテレビ共演するにいたった。

MCの梅沢富美男は、まず「ピーク時の月収は3000万円」ともウワサされたコロッケの懐事情に注目。今では「麻布十番の一等地に“超大型ものまねレストラン”をプロデュース」「年間約200回行われるコンサートが全国各地で大盛況」といった内容にズバッと切り込む。

そこからトークは「コロッケものまね王座降板」の真相という核心部分へと展開。不仲説をめぐる驚きの事実、四天王分裂の理由、『ものまね王座』の壮絶な舞台裏など、これまで明らかにされていなかったエピソードや、今でも語り継がれる「伝説的名場面」の映像が一挙公開される。4組による“一夜限り”のスペシャルライブも行われ、往年の名ものまねメドレーが実現する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.