くらし情報『大東駿介、ハプニングだらけのトルコ旅で現地の人に感謝 全財産落とすも戻る』

大東駿介、ハプニングだらけのトルコ旅で現地の人に感謝 全財産落とすも戻る

2018年7月18日 15:43
 

トルコ旅でのハプニングを語る大東駿介 (C)ORICON NewS inc.

トルコ旅でのハプニングを語る大東駿介 (C)ORICON NewS inc.


俳優の大東駿介が18日、東京・駐日トルコ共和国大使公邸で行われた『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』シーズン2日本初放送記念記者発表会に出席。ハプニングだらけのトルコ旅で出会った現地の人柄の良さに感謝した。

昨年8月にトルコ初のドラマとして初めて日本で放送され、嫉妬・欲望・愛憎渦巻く官廷闘争劇がトルコ版『大奥』と話題となった。20代のころにDVD向けの番組の企画でトルコを訪れて魅了されたという大東は「ディレクターとカメラマンと3人で1週間1人1万円で行った。空港で全財産を任されて首から財布をぶら下げていたんですが、トルコに着いて最初に食べたケバブ屋さんで財布を落とした」と、旅はハプニングからスタートしたと告白。

「旅のプランもぐちゃぐちゃになって露頭に迷っていた時に、前から僕の財布を首から下げたトルコ人の方が歩いて来て、『うわー、終わった。見つけたけど、アカンわ』と。そしたらその人が僕のところに来て『これ、何だか知っているか』と指を指して、僕の財布だと思いますと言ったら『2度と落とすなよ』と僕の首にかけてくれた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.