くらし情報『千葉ロッテマスコット「謎の魚」が話題 “キモカワ”人気の裏にある非情なリストラ模様』

千葉ロッテマスコット「謎の魚」が話題 “キモカワ”人気の裏にある非情なリストラ模様

2018年7月22日 08:40
 

キモカワで話題、千葉ロッテマリーンズの新キャラクター「謎の魚」(C)千葉ロッテマリーンズ

キモカワで話題、千葉ロッテマリーンズの新キャラクター「謎の魚」(C)千葉ロッテマリーンズ


伝統と格式を持つ日本プロ野球界において、突如、千葉ロッテマリーンズの新キャラクターとして誕生した「謎の魚」。その奇妙奇天烈なルックスと立ち居振る舞いで、プロ野球ファンだけでなくネット住民を巻き込んだ「キモイ」「カワイイ」論争が起きた。マスコット界において、こうした“キモカワキャラ”が誕生する要因はどこにあるのか? そして、謎の魚の今後について、千葉ロッテマリーンズの球団広報に話を聞いた。

■進化?を重ねるマスコット界のホープ「謎の魚」 そのインパクトは海を越えてMLBも震撼

謎の魚は、「幕張の海に住む謎の魚」とされ、5月にZOZOマリンスタジアムのハイビジョンに初登場。この時はまだ第1形態で、見た目はチョウチンアンコウのような魚であった。しかし、6月に入ると魚の着ぐるみの下に脚が生えた第2形態に“変体”。主に5回裏に登場し、グラウンド内を回遊するという異常行動が目立つようになった。

さらに、第3形態では魚から“骨”が飛び出すというシュールな姿となり、ここから一気にネット界隈がザワつきはじめる。そのインパクトは野球の本場MLBにも飛び火。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.