くらし情報『山崎賢人、『グッド・ドクター』撮了「俳優という仕事をやっていて本当に良かった」』

山崎賢人、『グッド・ドクター』撮了「俳優という仕事をやっていて本当に良かった」

2018年9月12日 07:00
 

木曜ドラマ『グッド・ドクター』をクランクアップさせた山崎賢人 (C)フジテレビ

木曜ドラマ『グッド・ドクター』をクランクアップさせた山崎賢人 (C)フジテレビ


俳優・山崎賢人が13日最終回を迎えるフジテレビ系木曜劇場『グッド・ドクター』(後10:00)をクランクアップさせた。自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の主人公・新堂湊という難役を演じきった山崎は「みなさんに甘えてしまう部分もたくさんあったのですが…新堂湊という役をやれて本当に良かったです。今は、さみしいですけど…また、いつかこのチームで一緒にできればな、と思います」と再会の日を約束した。

同ドラマは幼い頃から小児外科医になることが夢見ていた湊が、ある日、レジデントとして小児外科の世界に飛び込むことに。周りの偏見や反発にさらされながらも、同じ小児外科の瀬戸夏美上野樹里)や高山誠司藤木直人)らとともに、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、情感豊かに描いていく。

今回、初の医師役を務めた山崎は綿密にリハーサルを重ね、実際に都内の病院を訪れ小児外科を見学するなど、入念な役作りを実行。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.