くらし情報『『少年ジャンプ+』4周年記念で2000話以上無料公開 漫画家へ広告売上還元の試みも開始』

『少年ジャンプ+』4周年記念で2000話以上無料公開 漫画家へ広告売上還元の試みも開始

2018年9月20日 14:00
 

21日から24日まで『少年ジャンプ+フェス2018』が開催

21日から24日まで『少年ジャンプ+フェス2018』が開催


集英社が提供するスマートフォンタブレット向けの漫画雑誌アプリ『少年ジャンプ+』が、創刊4周年を記念して21日から24日まで人気作品の無料公開企画『少年ジャンプ+フェス2018』を開催する。

21日の午前0時から24日の午後11時59分まで、『週刊少年ジャンプ』『少年ジャンプ+』『週刊ヤングジャンプ』『ジャンプスクエア』『グランドジャンプ』で過去に連載されていたレジェンド作品から、計72作品2000話以上のデジタルマンガを無料公開。6作品1組として、計12組を各8時間ずつのスケジュールとなる。24日午前8時に公開される作品名は「スペシャルタイム」として非公開となっているが、超有名動画クリエイターがオススメ作品をセレクトしており、21日午後7時ころにクリエイター本人のYouTubeチャンネルで発表する。

また、21日よりオリジナル連載マンガに広告を掲載し、その広告売上の50%を作家に還元する施策も開始する。従来、マンガ家の収益は、原稿料とコミックス印税が中心だが、新たな収益源として広告売上を還元することで、作家の製作の基板が安定し、ひいては読者に届ける物語が質・量ともに増え、長く楽しんでもらう…。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.