くらし情報『駿河太郎、役作りで8キロ減量『やしきたかじん誕生物語』GH帯ドラマ初主演』

駿河太郎、役作りで8キロ減量『やしきたかじん誕生物語』GH帯ドラマ初主演

2018年9月23日 05:00
 

駿河太郎が8キロ減量して晩年(60代)のやしきたかじんを熱演。『カンテレ開局60周年特別番組なめとんかやしきたかじん誕生物語』11月放送(C)カンテレ

駿河太郎が8キロ減量して晩年(60代)のやしきたかじんを熱演。『カンテレ開局60周年特別番組なめとんかやしきたかじん誕生物語』11月放送(C)カンテレ


関西の視聴率男と呼ばれ、テレビタレントとして大活躍。本業の歌手でもコンサートのチケットは即完売。関西のカリスマとして人気を博した、故・やしきたかじんさん(享年64)。誰もが知る“やしきたかじん”は一体どのようにして誕生したのか?世間にはあまり知られていない長い下積み時代から晩年までを、本人による著書、発言、関係者への取材を基にフィクションとしてカンテレがスペシャルドラマ化。『カンテレ開局60周年特別番組なめとんかやしきたかじん誕生物語』が11月のゴールデン帯2時間ドラマとして放送される(※関西ローカル)。

たかじんさんの半生を演じるのは、これまで数多くの作品に出演していながらも、今作がゴールデン帯ドラマ初主演となる駿河太郎。9月上旬にクランクインした駿河は、19歳のまだ若かりし頃から、晩年を演じるにあたり8キロ減量。徹底した役づくりで撮影に臨んだ。衣装も本人が生前使用していたサングラス、シャツ、ジャケットを借りて撮影している。

劇中では、クラブの専属歌手として酔っ払い客相手に歌うシーンをはじめ、初リサイタル、コンサートといった歌唱シーンが多数登場。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.