くらし情報『要潤、高橋一生は「僧侶っぽい」知られざる素顔明かす』

2018年10月20日 17:35

要潤、高橋一生は「僧侶っぽい」知られざる素顔明かす

出演中のドラマ『僕らは奇跡でできている』について語る要潤(C)カンテレ

出演中のドラマ『僕らは奇跡でできている』について語る要潤(C)カンテレ


俳優の要潤(37)が20日、大阪市内のカンテレ本社で自身が出演するカンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕らは奇跡でできている』(毎週火曜後9:00)の取材に応じ、共演する高橋一生の「僧侶っぽい」一面を暴露した。

生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝(高橋)が周囲の人々を翻ろうしながらも、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲に緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。要は、一輝が講師を務める大学の研究室メンバーで准教授の樫野木聡を演じる。

高橋とは同い年。撮影現場でもよく話すといい、「すごく刺激を受けています。僕とは真逆の性格で、休みができると2~3日、山にこもるらしいんですよ。僧侶っぽい。空海と同じ道をたどったりしているらしいんです。僕の出身地の香川県に剣山という山があって、そこには空海が座禅を組み、修行を積んだといわれる岩があるんですが、それと同じことをしてますね。『剣山には秘密があって…』と、僕も知らないようなことをたくさん知っている。すごいなと思いますね」と、高橋の意外な一面を明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.