くらし情報『きっかけは『タモリ倶楽部』…女社長が明かす『ハイサワー』が10年“美尻カレンダー”を売る理由』

2018年11月9日 06:30

きっかけは『タモリ倶楽部』…女社長が明かす『ハイサワー』が10年“美尻カレンダー”を売る理由

『美尻カレンダー』は11月2日の「いいヒップ(112)」の日から販売中

『美尻カレンダー』は11月2日の「いいヒップ(112)」の日から販売中


「♪わ・る・な・ら・ハイサワー」のCMでおなじみ、お酒の割り材『ハイサワー』を販売する博水社。同社で販売する『美尻カレンダー』が好評で、2019年版で10周年を迎える。なぜ、ハイサワーの会社が“お尻”をテーマとしたカレンダーを制作・販売しているのか? 『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)がきっかけだったという経緯から、追い風になっている今のレモンサワーブームまで、同社代表取締役社長の田中秀子氏が明かす。

■きっかけは『タモリ倶楽部』、当初のポスターは盗難されまくり

『美尻カレンダー』は、知る人ぞ知る『ハイサワー』の名物グッズ。厳選された“極上の美尻”をプリントしたポスター仕様のカレンダーで、初めて販売したのは2010年。2019年版で10周年を迎える、人気グッズとなった。「制作のきっかけは『タモリ倶楽部』でハイサワーの特集を組んでいただいたこと」と話すのは、同社の代表取締役社長・田中秀子氏だ。

「弊社の倉庫を会場に、タモリさんはじめ出演者の皆様がハイサワー各商品で様々なお酒を割って試し飲みするという、“倉庫飲み企画”でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.