くらし情報『映画『轢き逃げ ー最高の最悪な日ー』ヒロイン役・小林涼子「20代の最後にこの作品に出会えたことは大きいです」』

2019年5月22日 06:00

映画『轢き逃げ ー最高の最悪な日ー』ヒロイン役・小林涼子「20代の最後にこの作品に出会えたことは大きいです」

映画『轢き逃げー最高の最悪な日ー』に出演中の女優・小林涼子(C)Deview

映画『轢き逃げー最高の最悪な日ー』に出演中の女優・小林涼子(C)Deview


現在公開中の水谷豊監督作品第2作となる映画『轢き逃げー最高の最悪な日ー』に出演中の女優・小林涼子。轢き逃げ事件を引き起こしてしまう青年・宗方秀一中山麻聖)の婚約者・白河早苗役として、幸せの頂点の花嫁から加害者の妻という最悪の状況までを、映画の中で生きることとなる。20代最後の年、「小林涼子の人生として大きな出会い」と呼べるこの作品について、そして今が“再デビュー”という女優の仕事への想いについて聞いた。

小林涼子インタビュー/「濃密な時間を先輩方と過ごせて勉強になりました」

――今作で、白河早苗役を受けたときの感想は?

「大手建設会社の副社長の娘ということで、私は庶民の娘ですから“お、お、お…お嬢様だぁ”みたいな気持ちにはなりましたね。脚本を読み終わってから、監督も脚本もあの水谷さんなんだということが自分の中でようやく一致してきて、役者さんが監督をする現場というのはどういうものだろう?っていう、ときめきも不安もありました。早苗は『最高で最悪な日』を迎えるという、変化の大きな役で、実際こんなに大きな役をいただけたことが信じられなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.