くらし情報『パパイヤ鈴木&斉藤秀翼、劇場版『ジオウ』で仮面ライダーに DA PUMP共演も「ダンスシーンありません」』

2019年5月26日 10:00

パパイヤ鈴木&斉藤秀翼、劇場版『ジオウ』で仮面ライダーに DA PUMP共演も「ダンスシーンありません」

パパイヤ鈴木演じるカゲン(左)と変身後の仮面ライダーゾンジス (C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

パパイヤ鈴木演じるカゲン(左)と変身後の仮面ライダーゾンジス (C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映


テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)。平成仮面ライダー最終作として、レジェンドキャストも登場し話題をさらっている。その劇場版『仮面ライダージオウ Over Quartzer』(7月26日公開)に振付師のパパイヤ鈴木、俳優の斉藤秀翼が出演することが26日、発表された。パパイヤはカゲン/仮面ライダーゾンジスを、斉藤はジョウゲン/仮面ライダーザモナスを務める。

平成仮面ライダーシリーズ第20作記念にして、「平成」最後の作品となった『仮面ライダージオウ』。「王様になりたい」という夢を持つ常磐ソウゴ(奥野壮)は、未来からやってきた明光院ゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)、ウォズ(渡邊圭祐)との出会いによって、50年後の世界では、自分が世界を支配する魔王・オーマジオウとなっていることを知った。

だが、ソウゴは、サイテーサイアクの魔王ではなく、最高最善の魔王になることを宣言。自らの運命を変え、人々が平和に暮らせる未来を作るべく、仮面ライダージオウとして戦い続けている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.