くらし情報『「授業中はずっとマスクをつけていた」モデル志望の20歳女性はなぜ整形を決めたのか』

2019年6月21日 08:40

「授業中はずっとマスクをつけていた」モデル志望の20歳女性はなぜ整形を決めたのか

(左)歯並びを気にしていた整形前(右)整形後の加藤さん(写真・本人提供)

(左)歯並びを気にしていた整形前(右)整形後の加藤さん(写真・本人提供)


大手美容外科・湘南美容クリニックが主催する公開美容整形オーディション『整形シンデレラ』。合宿審査に合格すると無料で美容整形を受けられることや、ファイナリストになるとガールズアワードに出演できることが確約されている。なぜ、彼女たちは整形したいのか?なぜ、あえて公開のオーディションを受けるのか?「ずっとモデルになりたかったけど、容姿がコンプレックスでオーディションすら受けられなかった」というファイナリストの加藤叶華さん(20歳)にインタビューした。

■街中で知らない人から急に「おい、ブス」

――加藤さんはなぜ整形シンデレラを受けようと思ったんですか?

加藤叶華】中学生の頃から自分の顔が嫌だったことがきっかけです。特に1番のコンプレックスが「歯並び」で、授業中もずっとマスクをしていたし、人とも目も合わせられませんでした。歯科矯正も考えたんですが、母親に金銭的負担や迷惑をかけてしまうので、言えずにいて。それから時間が経って、テレビで放映していた「整形シンデレラ」の番組を観て「自分が変わるところはここだな」と直感的に思い、応募しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.