くらし情報『幼い頃から“歌一本”だった女の子が「六本木のボックスディスコ」で働くようになるまで』

2019年6月20日 18:00

幼い頃から“歌一本”だった女の子が「六本木のボックスディスコ」で働くようになるまで

miri(撮影・山口真由子) (C)ORICON NewS inc.

miri(撮影・山口真由子) (C)ORICON NewS inc.


東京・六本木に、月売上が約1億円に達する景気の良い場所が存在する。その名も「バーレスク東京」。店内には大型LEDが四方八方に設置され、中央には回転するステージ。人気曲とともにセクシーな美女ダンサーたちが華々しいパフォーマンスを繰り広げる “新感覚エンターテイメント空間”だ。今回は、「バーレスク東京」の上階にある系列店「party on」でショーに参加するmiriさんにインタビュー。シンガーとしても活動している彼女が踊る理由とは。

■「ほかの道は考えていなかった」、両親の影響でシンガーの道へ

――miriさんはシンガーとしても活動されていますよね。YouTubeを見たら高い歌唱力に驚きました。

【miri】チェックしてくれてありがとうございます(笑)。私、小さい頃から音楽やエンタメで食べていくのが夢で、ほかの道は考えていなかったんですよ。歌はオリジナルを中心に、マライヤ・キャリーやホイットニー・ヒューストンなど王道の洋楽もカバーしています。

――なぜシンガーとして活動し始めたのですか?そこからダンサーもするようになった理由も聞きたいです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.