くらし情報『ライジングプロ、お笑い部門を立ち上げ 元オフィス北野のマッハスピード豪速球が所属第1号』

2019年6月27日 19:52

ライジングプロ、お笑い部門を立ち上げ 元オフィス北野のマッハスピード豪速球が所属第1号

ライジングプロのお笑い部門第1号となったマッハスピード豪速球 (C)ORICON NewS inc.

ライジングプロのお笑い部門第1号となったマッハスピード豪速球 (C)ORICON NewS inc.


大手芸能事務所・ライジングプロ・ホールディングスが27日、東京・原宿駅前ステージでお笑い部門のプロダクション『ライジング・アップ』を設立したことを発表。所属第1号芸人が元オフィス北野のマッハスピード豪速球となり、会見に出席した。

マッハスピード豪速球は坂巻裕哉とガン太の2人組。2010年にコンビを結成し、日常の細かい心理描写を独特な視点でネタにしている。オフィス北野に所属していたが、昨年5月に退社している。今年1月には『第1回ビートたけし杯』で優勝。ビートたけしが審査委員長を務める『第28回東京スポーツ映画大賞』と同時開催される『第19回ビートたけしのエンターテインメント賞』の演芸新人賞を昨年のM-1王者の霜降り明星と共に獲得している。

荻野目洋子観月ありさMAX、DA PUMPら所属する大手プロダクションに入った2人。ゆっくり登場するとガン太は「どうも、スリムクラブです」とボケて、軽くものまねを披露。坂巻から「似てないわ!」とツッコまれていた。その後も「前の事務所も反社会的勢力で逃げてきた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.