くらし情報『爆笑問題、宮迫と亮の会見に賛辞「命がけの会見だった」』

2019年7月21日 10:57

爆笑問題、宮迫と亮の会見に賛辞「命がけの会見だった」

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.

爆笑問題 (C)ORICON NewS inc.


お笑いコンビの爆笑問題太田光(54)が、21日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜前9:54)に生出演。反社会的勢力との闇営業問題で19日に吉本興業と契約解消となった雨上がり決死隊宮迫博之(49)と、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)が、きのう20日に謝罪会見を行ったことについて言及した。

会見のVTRを見た後、太田は「芸人にとって、一番辛いのは舞台を奪われることで、客前に立てないことが何より辛い。お客さんの前で自分たちの言葉で話したいから、それを奪われるのが我慢できなかった。それは反乱しますよ。会社側が甘く見たんじゃないかな」と持論を展開。「きのうの宮迫と田村亮のしゃべりっていうのは、見事に再現できちゃうんですよ。舞台にさえ立てば、テープなんか回さなくても表現できるんですよ、見事なすべらない話だと思う」と笑いを交えながら会見に立った2人に賛辞を送った。

太田は続けて「オレはあの状況になったら逃げちゃうなと。あそこに出てくるのはよっぽどなんで。それでも、あそこに出てくるっていうのはお笑いを続けようという覚悟があると思うから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.