くらし情報『美女キックボクサー・ぱんちゃん璃奈、AKB48第1期生最終面接までいった過去』

2019年8月14日 18:00

美女キックボクサー・ぱんちゃん璃奈、AKB48第1期生最終面接までいった過去

美女キックボクサーとして話題のぱんちゃん璃奈選手。

美女キックボクサーとして話題のぱんちゃん璃奈選手。


美女キックボクサーとして話題のぱんちゃん璃奈選手が、18日に大田区総合体育館にて開催されるキックボクシングイベント『K.O CLIMAX2019 SUMMER KICK FEVER』出場する。第2試合で、祥子選手と対戦するぱんちゃん璃奈選手のインタビューが公開となった。

■ぱんちゃん璃奈選手インタビュー

――キックボクシングを始めたきっかけから教えて下さい。

「キックを始める前は水泳、陸上をやっていて、21歳の時に大阪から上京し、当時は大人のバク転教室に通い始めました。その教室ではバク転、アクロバット、アクション、殺陣を習っていました。アクションでは蹴り技などの技を習っていて、その延長戦上で蹴りのフォームをもっと綺麗にしたいと思いはじめ、エクササイズも兼ねてキックボクシングジムを探していたところ、家の近所にストラッグルジムがあったので22歳の時に入会しました。ちなみにキックをやる前はこういう競技があることも知らなかったですし、K-1などもテレビで見たことはありませんでした」

――バク転、アクロバットを習ったのはアクション俳優になりたかったのでしょうか?

「使い道は正直ないのですが、“特技=バク転”と言うとカッコいいなと思って始めました(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.