くらし情報『AKB48向井地美音、こじはるから継承したキャッチフレーズを地元初披露』

2019年8月18日 15:09

AKB48向井地美音、こじはるから継承したキャッチフレーズを地元初披露

埼玉県のマスコット「コバトン」をプレゼントする地元出身(左から)向井地美音、篠崎彩奈(C)AKS

埼玉県のマスコット「コバトン」をプレゼントする地元出身(左から)向井地美音篠崎彩奈(C)AKS


アイドルグループ・AKB48単独での全国ツアー『AKB48全国ツアー2019~楽しいばかりがAKB!~』の埼玉公演が17日、ウェスタ川越で昼夜2公演開催された。

昼公演はチームAの16人が出演。キャプテンの岡部麟が「楽しいばかりがAKB!皆さん、盛り上がってますかー!?」と観客1700人に呼びかけると、グループ総監督の向井地美音宮崎美穂に向けて「お母さんも盛り上がってますか?」と質問。戸惑う宮崎に「チームAにとってママみたいな存在だから」と説明すると、ほかのメンバーたちも宮崎を「ママ」と呼び始め、宮崎をMommy役に「教えてMommy」を披露するなどした。

向井地は「私の“埼玉県から来ました”というキャッチフレーズは小嶋陽菜さんから受け継いだもので、(地元の)埼玉でこうやって言うのは初めてなんです。その夢がかなってとってもうれしく思います」と満面の笑みを浮かべ、2017年1月の自身のソロコンサートで継承したキャッチフレーズの地元初披露を喜んだ。

5組に分かれたユニットパートの最後には、地元出身の向井地と篠崎彩奈が「スキャンダラスに行こう!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.