くらし情報『『24時間駅伝』4人目は当日発表 近藤春菜&よしこは距離変更で10キロ減 総走行距離は148.78 キロ』

2019年8月18日 21:23

『24時間駅伝』4人目は当日発表 近藤春菜&よしこは距離変更で10キロ減 総走行距離は148.78 キロ

『24時間テレビ42人と人~ともに新たな時代へ~』3人目のチャリティーランナーの近藤春菜(ハリセンボン) (C)日本テレビ

『24時間テレビ42人と人~ともに新たな時代へ~』3人目のチャリティーランナーの近藤春菜ハリセンボン) (C)日本テレビ


日本テレビは18日、『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)の4人目のチャリティーランナーについて、放送当日の駅伝スタート時に発表することを同日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(毎週日曜後7:58)で告知。名称は『24時間駅伝』に決定したことを発表した。

そのほか、チャリティーランナーを務めるハリセンボン近藤春菜(36)とガンバレルーヤ・よしこ(28)の走行距離を、当初の42・195キロから10キロ短縮した32・195キロに変更も報告。

猛暑による熱中症や、ケガのリスクを考慮しての措置。いとうあさこ(49)は予定通りフルマラソンの42・195キロを走る。4人目のランナーはいとうと同じく42・195キロを走るため、タスキリレーの総走行距離は(32.195キロ×2)(42.195×2)= 148.78 キロとなる。

今年のチャリティーマラソンは「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、4人がタスキをつないで走る駅伝方式で行われる。毎年恒例の日本武道館が20年の東京五輪・パラリンピックへ向けた改修工事のため、初めて東京・両国国技館のゴールを目指す。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.