くらし情報『【なつぞら】山口智子、30年ぶりの朝ドラには「ゆとり」があった』

2019年8月22日 07:00

【なつぞら】山口智子、30年ぶりの朝ドラには「ゆとり」があった

連続テレビ小説『なつぞら』新宿のおでん店「風車」の女将・亜矢美役の山口智子(C)NHK

連続テレビ小説『なつぞら』新宿のおでん店「風車」の女将・亜矢美役の山口智子(C)NHK


NHKで放送中の連続テレビ小説『なつぞら』(月~土前8:00総合ほか)に、新宿のおでん店「風車」の女将・岸川亜矢美役で出演する山口智子。いつ見ても明るく輝くように生きている亜矢美だったが、その裏には放送時に「8割、9割カットされている」という山口のある取り組みがあった。

元は踊り子で、戦後まもなく新宿に再建された劇場「ムーランルージュ」で人気を博していた亜矢美。ムーランルージュが潰れた後、新宿の一画でおでん店「風車」を開いた。「おでん店のカウンターも亜矢美にとっては舞台。毎日、舞台に立っている気持ちで演じた」と話していた山口。

「亜矢美は、歌と踊りとともに生きている人。なので、風車のシーンでは必ず何か歌っていようと決めていました。物語に合わせて、その時々に流行っていた歌の中から、そのシーンの登場人物の気持ちを代弁するような歌をチョイスして、共感できる歌詞の部分を歌いました。放送を見ると、8割、9割カットされていてちょっとショックですけど」と笑いながら打ち明けた。

なつが上京して、咲太郎を探していることを初めて知った後には、「♪どこにいるのかリル」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.