くらし情報『羽生結弦、松任谷由実の「春よ、来い」に乗せて華麗なスケーティング』

2019年8月24日 22:23

羽生結弦、松任谷由実の「春よ、来い」に乗せて華麗なスケーティング

松任谷由実らとのアイスショーを成功させた羽生結弦(右)(C)日本テレビ

松任谷由実らとのアイスショーを成功させた羽生結弦(右)(C)日本テレビ


フィギュアスケート羽生結弦選手、シンガー・ソングライターの松任谷由実が24日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(後6:30~翌後8:54)内で放送された企画「羽生結弦松任谷由実が共演 被災地・北海道に 春よ、来い」に出演した。

6月下旬、羽生は北海道・厚真町へ向かい、町の名産・ハスカップを栽培している山口善紀さんと対面。厚真町は昨年のハスカップの生産量日本一。一方で、畑の一角には土嚢(どのう)が積み上げられていた。地震で裏山が崩れ、元に戻るには約10年かかるという。羽生選手は作業場を見学し、ハスカップのスムージーも味わった。

一方、松任谷が訪ねたのは町民吹奏楽団の練習場。今回のアイスショーで、厚真町民吹奏楽団が冒頭に演奏したが、指揮者としてメンバーをまとめてきた松下一彦さんが地震で土砂崩れに遭い、息子さんとともに帰らぬ人となった。大黒柱でムードメーカーだった松下さんを失い楽団は活動を休止。一時は、解散も考えたが「地震で被害を受けた時こそ頑張るのが町の楽団の使命」、松下さんならきっとそう言ったはずとの思いから震災から約3ヶ月後、地元の保育施設のクリスマス会で活動を再開した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.