くらし情報『11人の謹慎芸人が劇場復帰 闇営業&謹慎ネタで観客笑わせたお笑い芸人としてのプライド』

2019年8月25日 04:00

11人の謹慎芸人が劇場復帰 闇営業&謹慎ネタで観客笑わせたお笑い芸人としてのプライド

ルミネtheよしもとの公演に出演したレイザーラモン

ルミネtheよしもとの公演に出演したレイザーラモン


反社会的勢カの宴会に出席して金銭を受け取るなどした、いわゆる「闇営業」問題で、謹慎処分を受け、19日をもって処分が解除された。お笑いコンビ・レイザーラモンのレイザーラモンHGは24日、ルミネtheよしもとの公演に出演。これで処分を受けた11人が全員劇場復帰を果たした。

未だに逆風が吹き続ける吉本興業。19日に2700(常道裕史、八十島宏行)が1番手で復帰して以降、順次、劇場のステージの上に謹慎していた芸人が戻ってきた。2700は、コントに必要な「かつら」を被らずに舞台へ。八十島は「お久しぶりでございます。ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪し、常道も「申し訳ございませんでした」と頭を下げた。くまだまさしは温かい拍手で迎えられると「ちょっとあったか過ぎて逆にやりづらくなってきました」と率直な胸の内を語り、笑わせた。「みなさま、今回は一連の件におきまして、世間のみなさま、関係者のみなさまに大変、ご迷惑をおかけしました。そして何よりも一番は詐欺被害に遭われた方で、この件で不快に思われた方がいらっしゃいましたら謝らせていただきたいと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.