くらし情報『嵐・櫻井翔、半身まひの少女とピアノで旋律奏でる「感動しながら聞いていました」』

2019年8月25日 18:01

嵐・櫻井翔、半身まひの少女とピアノで旋律奏でる「感動しながら聞いていました」

半身麻痺となった少女と華麗なピアノ演奏した嵐・櫻井翔(C)日本テレビ

半身麻痺となった少女と華麗なピアノ演奏した嵐・櫻井翔(C)日本テレビ


人気グループ・嵐の櫻井翔が25日、日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ42』(24日後6:30~翌後8:54)内で放送された『どうしても奏でたい!半身まひとなった少女のひと夏の挑戦』企画に参加。6年前に脳梗塞を発症し、体の右半分が麻痺した大阪府豊中市の濱本彩菜さん(11)をサポートし、アニメ映画『千と千尋の神隠し』の楽曲「あの夏へ」をピアノ演奏で披露した。

彩菜さんは病気になる前にピアノ教室に通っており、今は左手しか動かないが、再びピアノを弾けるように頑張っている。今回は母・洋子さん(50)を勇気づけるためにピアノを弾きたいという夢をかなえるべく、櫻井は左手を使って伴奏のお手伝いとなった。

実際の練習では彩菜さんがピアノを弾いてみると脳の運動機能が低下しており、利き手ではない左手で複雑に動かすのも一苦労。リズムもうまくつかめない。思わずいら立って母とけんかすることも。しかし「ママが喜んでたら彩菜もうれしい」という思いのもと、本番に臨んだ。

本番前に櫻井は「とってもたくさん練習しましたから、櫻井と一緒に楽しめばいいだけですから!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.