くらし情報『相葉雅紀、15年ぶりにメンバーへ手紙「休止と書いて“パワーアップ”と読む」【全文掲載】』

2019年8月25日 20:30

相葉雅紀、15年ぶりにメンバーへ手紙「休止と書いて“パワーアップ”と読む」【全文掲載】

『24時間テレビ42』で嵐・相葉雅紀がメンバーに手紙を読み上げた (C)ORICON NewS inc.

『24時間テレビ42』で嵐・相葉雅紀がメンバーに手紙を読み上げた (C)ORICON NewS inc.


人気グループ・嵐の相葉雅紀が25日、出演する日本テレビ系『24時間テレビ42』で、メンバーに向けて手紙を朗読。会場の両国国技館、そしてテレビを見ている視聴者が感動に包まれた。相葉が同番組で手紙を読むのは、2004年以来15年ぶり。

番組終了まで1時間を切ったなか、相葉がメンバーへ思いを込めた手紙を読むことに。櫻井翔は「事前に言ってもらわないと」とこぼしながら、メンバー全員が相葉の言葉を聞き入った。

相葉は嵐の20年間の活動を振り返りながら、嵐のメンバーを「最愛のパートナーです」と表現し、「メンバーがいたから、僕は成長させてもらいました」と感謝の言葉を述べた。そして、活動休止についても「僕は休止と書いて“パワーアップ”と読むと思っています。パワーアップした僕たちは、応援してくれるみんなのために、メンバー一人ひとりが愛している嵐のために、近い将来、絶対にグループ活動しようね」と活動再開を呼びかけた。

手紙を聞いたメンバーも率直な思いを吐露。櫻井は「15年前に相葉くんが書いてくれた手紙が、僕にとって、そしてきっとほかメンバーにとっても誓いを立てたようなものだったから。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.