くらし情報『田中奏生、初舞台・初主演が決定 13歳での大役「一生忘れられない感動をお届けしたい」』

2019年9月17日 12:00

田中奏生、初舞台・初主演が決定 13歳での大役「一生忘れられない感動をお届けしたい」

田中奏生

田中奏生


テレビ朝日系木曜ドラマ『BG~身辺警護人~』で木村拓哉演じる島崎章の息子・瞬役で注目を集めた俳優・田中奏生(たなか・かなう/13)が、演劇集団・Z-Lion第11回公演『裏からGood Schoolへ』で初舞台・初主演を務めることが決定した。東京・新宿シアターサンモールで11月20日から24日まで全7公演が上演される。

ヒロインには、連続ドラマ『コーヒー&バニラ』(MBSほか)に出演するなど話題の女優・喜多乃愛(きた・のあ/19)、脚本・演出はZ-Lionの粟島瑞丸(38)が担当する。

田中は「ずっと出たいと思っていた粟島さんの舞台に出演が決まった時は本当に嬉しかったです。初舞台にして主演という抜擢を受け信じられない思いでした」とコメント。「粟島さんから『田中奏生にかけたい』と言われた言葉は一生忘れないと思います。これから稽古を積み重ね、観てくださる皆様に一生忘れられない感動をお届けしたいです!是非ご期待ください!」と気合たっぷりに語った。

共演の喜多は「今まで観劇させて頂いて、何度も感動を貰ったZ-Lionさんの舞台に、自分が立てることがとても嬉しいです!」と語り、初となる田中との共演にも「どんな世界観の舞台が出来上がるのか、そして見てくださる方の心に何を残せるのか、とてもワクワクしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.