くらし情報『東日本大震災から8年、嵐・相葉雅紀が見守る「21人の輪」』

2019年9月18日 12:05

東日本大震災から8年、嵐・相葉雅紀が見守る「21人の輪」

NHK東日本大震災プロジェクト『明日へつなげよう』相葉雅紀がナレーターを務める「21人の輪~二十歳になった子どもたち~」9月22日放送(C)NHK

NHK東日本大震災プロジェクト『明日へつなげよう』相葉雅紀がナレーターを務める「21人の輪~二十歳になった子どもたち~」9月22日放送(C)NHK


NHK・総合テレビで放送されている東日本大震災プロジェクト『明日へつなげよう』。22日放送の「21人の輪~二十歳になった子どもたち~」(前10:05~10:48)では、人気グループ・嵐の相葉雅紀がナレーターを担当する。

相葉は、震災後の2011年、福島県沿岸部、相馬市磯部地区に暮らす子どもたちのことを知る。きっかけは小学校の教室に貼られていた1枚の写真。クラス全員の児童が床に寝そべり、輪になった写真だ。みな満面の笑顔をたたえ、楽しそうにしている。そして、子どもたちは卒業前に「もう一度同じ構図で写真を撮ろう」と約束していた。しかし、その願いは、かなわなかった。

2011年3月11日。東日本を襲った地震と大津波。子どもたちが暮らす磯部地区も大きな被害を受けた。友達の一人は亡くなり、38キロ離れた東京電力福島第一原発で起きた事故の影響を恐れ、避難した子もいる。バラバラになった「21人の輪」の子どもたち。相葉は震災の中を懸命に生きる子どもたちを1年間にわたり記録した「21人の輪」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.