くらし情報『『問わず語りの松之丞』民放連賞・ラジオエンタメ番組の優秀賞に』

2019年9月19日 20:19

『問わず語りの松之丞』民放連賞・ラジオエンタメ番組の優秀賞に

『神田松之丞問わず語りの松之丞』が『2019年日本民間放送連盟賞』番組部門ラジオエンターテインメント番組の優秀賞を受賞 (C)ORICON NewS inc.

『神田松之丞問わず語りの松之丞』が『2019年日本民間放送連盟賞』番組部門ラジオエンターテインメント番組の優秀賞を受賞 (C)ORICON NewS inc.


講談師の神田松之丞(36)がパーソナリティーを務めるTBSラジオ『神田松之丞問わず語りの松之丞』(毎週金曜後9:30)が19日、『2019年日本民間放送連盟賞』番組部門ラジオエンターテインメント番組の優秀賞を受賞した。

『日本民間放送連盟賞』は、番組、CM、放送技術の向上と、放送活動の発展を図ることを目的に創設された歴史ある賞。全国の民放各社から応募された番組と事績を対象に年1回実施され、優れた番組、優秀と認められた事績を顕彰している。

対象となったのは、2018年9月16日放送の「生命(いのち)」の回で、受賞理由は「いま最もチケットが取れない講談師が語る『生命(いのち)』。初めての子どもが誕生した松之丞。産後、自宅に戻った妻が出血多量で意識を失い倒れてしまう。真っ青になって救急車を呼び、泣きわめく乳飲み子を抱えて右往左往。10分も経たぬうち玄関の呼び鈴が鳴り、ドアを開けたら……。一本の映画にも匹敵するジェットコースターのような30分。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.