くらし情報『【いだてん】三谷幸喜、映画監督の市川崑役で出演 1964年東京オリンピックを撮る』

2019年9月20日 14:08

【いだてん】三谷幸喜、映画監督の市川崑役で出演 1964年東京オリンピックを撮る

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)』1964年東京オリンピックの記録映画を担当した市川崑監督役で三谷幸喜の出演が決定

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)』1964年東京オリンピックの記録映画を担当した市川崑監督役で三谷幸喜の出演が決定


NHKで放送中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)』の出演者が新たに発表された。大河ドラマ『新選組!』『真田丸』の作者でもあり、映画監督としても活躍する三谷幸喜が、1964年東京オリンピックの記録映画を手掛ける市川崑役で出演する。大河ドラマは『功名が辻』(2006年)以来、2作目の出演となる。

市川崑は、黒澤明に代わり、急きょ、映画『東京オリンピック』の監督に就任。「記録映画も美しく撮ればいい」の言葉どおり、完成した作品は極めて芸術性の高いものとなり、当時の興行記録を塗り替える大ヒットとなった。

そのほか、1964年東京オリンピックのために国立代々木競技場を設計した建築家・丹下健三役に松田龍平。東京オリンピック組織委員会会長・津島寿一役に井上順。「所得倍増計画」を打ち出して戦後の高度経済成長をけん引し、1964年東京オリンピックを首相として見届ける内閣総理大臣・池田勇人役に立川談春。

1945年(昭和20年)8月6日、原子爆弾が投下された広島で生まれた陸上選手で、1964年東京オリンピック出場を目指していたが代表選考会で敗退。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.