くらし情報『『サギデカ』店長のあのシーンに込めた制作陣の覚悟と脚本家・安達奈緒子の魅力』

2019年9月21日 14:20

『サギデカ』店長のあのシーンに込めた制作陣の覚悟と脚本家・安達奈緒子の魅力

土曜ドラマ『サギデカ』警視庁捜査二課の女性刑事・今宮(木村文乃)を主人公に、特殊詐欺グループの摘発に心血を注ぐ姿を描く(C)NHK

土曜ドラマ『サギデカ』警視庁捜査二課の女性刑事・今宮(木村文乃)を主人公に、特殊詐欺グループの摘発に心血を注ぐ姿を描く(C)NHK


NHKで放送中の土曜ドラマ『サギデカ』(毎週土曜後9:00全5回)。主人公の警視庁捜査二課の女性刑事・今宮(木村文乃)が特殊詐欺グループの摘発に心血を注ぐ姿を描く社会派ドラマ。14日に放送された第3話で衝撃的だったのは、振り込め詐欺グループで、詐欺アジトのリーダー、“店長”と呼ばれていた男(玉置玲央)の死体を加地(高杉真宙)が発見したシーンだ。

加地が海岸にやってきて、店長の携帯電話を拾ったあたりで察するものはあったが、まさか全裸で打ち捨てられていたとは。SNSにも「まさかの全裸」「なぜ全裸?」「全裸で海に捨てられて、むごい」など衝撃を受けた視聴者の感想コメントが多数上がっていた。

「あのシーンは、初期のプロット(台本構成)からああいうシーンでした。安達さんや西谷Dに相当な覚悟とこだわりがあった」と制作統括の須崎岳プロデューサー(NHKエンタープライズ)が明かす。オリジナル脚本を手掛けた安達奈緒子氏や演出の西谷真一氏ら制作陣の思いを、須崎氏が代弁する。

「振り込め詐欺に手を染めて、行く末に待っているのは悲劇なんだ、ということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.