くらし情報『毒蝮三太夫、ラジオ名物コーナー丸50年「元気な年寄りを作りたい」』

2019年10月14日 16:06

毒蝮三太夫、ラジオ名物コーナー丸50年「元気な年寄りを作りたい」

人気中継コーナー「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」が50年(C)TBSラジオ

人気中継コーナー「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」が50年(C)TBSラジオ


タレントの毒蝮三太夫(83)による人気中継コーナー「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」(TBSラジオ『金曜たまむすび』内で放送中)が、今月に放送50年を迎えた。11日の中継で1万3001回目の放送を迎えた毒蝮が意気込みを語った。

1969年10月6日のスタート以来、毒蝮は首都圏のスーパーマーケットや商店、工場、事業所、各種施設などを訪問し「ババァ、まだ生きてたか!」など人情味あふれるコミュニケーションで放送現場に集まったをファンたちを楽しませてきた。これまでに訪れた現場は1万ヶ所以上、出会ったお年寄りは数十万人(?)と言われ、ひとりのパーソナリティーによる中継としてはギネス級の記録を誇る。

13年前に腸閉塞を患い、およそ1ヶ月半番組を休んだこともあったが、見事に復帰。83歳になる今も元気にラジオカーで関東近郊を飛び回っている。長年、月曜~金曜だった番組は、2016年4月から週4回になり、更に18年4月からは本人の体力面などを配慮して、現在の週1回となったが「下駄にマイク1本」というスタイルは変わらず貫いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.