くらし情報『米倉涼子、令和も失敗しなかった 2年ぶり『ドクターX』初回20.3%』

2019年10月18日 09:13

米倉涼子、令和も失敗しなかった 2年ぶり『ドクターX』初回20.3%

テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』主演の米倉涼子 (C)ORICON NewS inc.

テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』主演の米倉涼子 (C)ORICON NewS inc.


女優の米倉涼子が主演する、テレビ朝日系『ドクターX~外科医・大門未知子~』が2年ぶりに復活。17日午後9時から初回15分拡大スペシャルが放送され、番組平均視聴率20.3%という高視聴率を隠した。2019年に放送された民放連続ドラマで初めての20%超え。分単位の最高は25.3%(午後10時3分、5分に記録)にまで上昇した。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。

「いたしません」「私、失敗しないので」という名ぜりふでおなじみの米倉涼子演じる“異色・孤高・反骨”の天才外科医・大門未知子の活躍を描く、第6シリーズ。2017年に放送された第5シリーズのラストでは、未知子が後腹膜肉腫で余命3ヶ月と診断されたが、奇跡の生還。

初回では、道に迷い、お腹を空かせて山を歩き回っていた大門(米倉)は、人里離れた山奥に“ポツン”と建つ一軒家で、ニコラス丹下(市村正親)という日系二世のブラジル人と出会い、丹下の使用人・鮫島有武田真治)の窮地を救うシーンからはじまった。

その頃、蛭間重勝西田敏行

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.