くらし情報『【スカーレット】羽野晶紀、女性下着デザイナー役「品良くチャーミングに」』

2019年10月19日 18:36

【スカーレット】羽野晶紀、女性下着デザイナー役「品良くチャーミングに」

連続テレビ小説『スカーレット』ヒロインが女中として働く荒木荘の主人で、女性下着デザイナーの荒木さだ(羽野晶紀)(C)NHK

連続テレビ小説スカーレット』ヒロインが女中として働く荒木荘の主人で、女性下着デザイナーの荒木さだ羽野晶紀)(C)NHK


NHKで放送中の連続テレビ小説スカーレット』(月~土前8:00総合ほか)。戸田恵梨香演じるヒロイン・川原喜美子が、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込むのは、もう少し先になるが、喜美子の前を走り、影響を与える“働く女性”の一人が、羽野晶紀が演じる荒木さだだ。

14日放送の第3週・第13回から登場する、さだは、喜美子の親戚で、女中として住み込みで働く荒木荘の女主人でもある。戦後、女性のファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなどの女性下着のデザインを始める。19日放送の第18回で描かれた、下着ショーも成功させた。

「さだは明治生まれという設定です。この時代に女性が仕事をするというだけで大変なことなのに、下着ショーまで開催するなんて(笑)。きっと周囲にいろいろなことを言われながらも、頑張って道を切り開いてきた人なんでしょう。だからこそ喜美ちゃんや(荒木荘の住人で新聞記者の廣堂)ちや子さん(水野美紀)を応援したい、支えたいという気持ちがあるのだと思います」(羽野)。

大人3人が下宿する大きな家を両親から譲り受けただけあって、お嬢様育ちの一面もある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.