くらし情報『AKB48グループが『仁義なき戦い』を舞台化、岡田奈々「アイドル界でもがく自分たちと作品を重ね合わせた」』

2019年10月21日 12:13

AKB48グループが『仁義なき戦い』を舞台化、岡田奈々「アイドル界でもがく自分たちと作品を重ね合わせた」

舞台『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』に出演する、(左から)田島芽瑠(HKT48)、岡田奈々(AKB48、STU48)、本間日陽(NGT48)(C)oricon ME inc.

舞台『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』に出演する、(左から)田島芽瑠HKT48)、岡田奈々AKB48、STU48)、本間日陽NGT48)(C)oricon ME inc.


昭和世代の多くの男性を魅了した深作欣二監督の大人気“実録路線映画”シリーズ『仁義なき戦い』をAKB48グループが総集結し、まさかの舞台化が実現する。「~彼女(おんな)たちの死闘篇~」と題して11月9日から福岡・博多座で幕を開ける。約半月後に初日を控える稽古場で、同作に出演する岡田奈々(広能昌三役/AKB48・STU48)、田島芽瑠山守義雄役/HKT48)、本間日陽矢野修司役/NGT48)の3人に意気込みを聞いた。

■シーンはもちろん映画の臨場感やスピード感まで再現

博多座AKB48グループ特別公演として11月9日から11月24日に上演される『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~』。題名からもわかるように、東映の実録路線映画の金字塔ともいえる深作欣二監督の人気任侠映画シリーズ『仁義なき戦い』を舞台化する。

広島の街を舞台に任侠の世界に生きる男たちのプライドや意地、野心がぶつかり合う“実録活劇”は、映画上映当時も多くの男性たちを魅了し、上映後、劇場からは菅原文太演じる主人公・広能昌三になりきった観客が肩で風を切りながら出てくる姿がいくつも見られたそうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.