くらし情報『塚本高史、阿部寛と13年経て再共演で変化「父親トークもしてます」』

2019年10月22日 06:00

塚本高史、阿部寛と13年経て再共演で変化「父親トークもしてます」

『まだ結婚できない男』第3話で共演する塚本高史(左)と主演の阿部寛 (C)カンテレ

『まだ結婚できない男』第3話で共演する塚本高史(左)と主演の阿部寛 (C)カンテレ


俳優の塚本高史が出演する阿部寛主演のカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『まだ結婚できない男』。『結婚できない男』(2006年7月放送)の13年ぶり続編となる今回、主人公の建築家・桑野(阿部)とともに前作から引き続き、現在は桑野の共同経営者・村上英治を演じる塚本は、阿部との13年ぶりの共演でも初日からスムーズな進行をみせ、「(阿部さんとは)お互いの家族の話をするようになったことですかね。13年前は絶対できない父親トークもしてます」とその秘訣とお互いの変化を明かした。

オファーが来た際を振り返り「今きたか!と(笑)」と率直に語る塚本は「さらに13年経った設定と聞いたので楽しみでもありました」と回答。「前回に出演した時は20代で、作品を良くしようというよりも、英治という役を全うすることに精一杯で周りが見えてなかった。でも作品はすごく評価されていて、今でもあの作品が好きですと言ってもらえて、(続編は)率直にうれしかったですね」と喜んだ。

実際に、阿部との撮影では「13年前に一緒にやった思い出と記憶があるから、本当にビックリするぐらい、あの“桑野さんと英治の関係”にも、すんなり戻れました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.