くらし情報『谷原章介、正月は7時間並び一般参賀に参加 皇族への思いも口にし大役まっとう』

2019年11月9日 20:02

谷原章介、正月は7時間並び一般参賀に参加 皇族への思いも口にし大役まっとう

『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』に出席した(左から)谷原章介、有働由美子 (C)ORICON NewS inc.

『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』に出席した(左から)谷原章介有働由美子 (C)ORICON NewS inc.


『天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典』が9日、皇居前広場で行われた。司会を担当した俳優の谷原章介が、自身のエピソードも交えながら「微力ながら司会をさせていただきましたが、感無量でございます」と笑顔で祭典を締めくくり、大役をまっとうした。

冒頭で谷原は「今年のお正月に一般参賀に参加させていただきました。夜中に出発をして午前1時から8時くらいまで並びまして、前から3列目くらいから平成天皇皇后陛下に手を振らせてもらったのが、本当に良い思い出に残っております」とあいさつ。

続けて「もともと皇族に対するイメージはどこか遠い方々という印象があったのですが、雅子さまをかばわれる会見をされておりまして、このときに人の情と言いますか、人間・皇太子さまのようなものを見させていただいたときに、ぐっと親近感がわきました」と自身の中で皇族への印象を変化させた思い出も口にしていた。

『国民祭典』では、女優の芦田愛菜や歌舞伎俳優の松本白鸚らがお祝いのメッセージを述べた。谷原は一人ひとりのお祝いの言葉をくみ取り、芦田に対しては「かわいらしかった愛菜ちゃんが、立派なすてきな女性になられましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.