くらし情報『人気俳優輩出の舞台『タンブリング』来春に5年ぶり公演決定 出演は高野洸&西銘駿ら』

2019年11月18日 17:00

人気俳優輩出の舞台『タンブリング』来春に5年ぶり公演決定 出演は高野洸&西銘駿ら

舞台『タンブリング』に出演する(左から)高野洸、西銘駿 (C)ORICON NewS inc.

舞台『タンブリング』に出演する(左から)高野洸西銘駿 (C)ORICON NewS inc.


男子新体操をテーマにした青春感動ストーリーの舞台『タンブリング』の第6作目が、来年4月~5月に東京と大阪で上演されることが発表された。公演は2014年のFAINAL公演以来、5年ぶり。あわせて、キャスト情報も公開され、人気ミュージカル『刀剣乱舞』などに出演する俳優の高野洸、特撮ドラマ『仮面ライダーゴースト』の主役・天空寺タケルなどで知られる西銘駿らが出演する。

『タンブリング』は、2010年4月にTBS系ドラマとして放送され、今回の舞台化は放送10周年を記念して企画されたもの。高校男子新体操部を舞台に、仲間との友情や努力することの美しさを通して生徒たちが成長していく姿が描かれた青春スポ根ストーリーとなっている。演ずる俳優たちが吹替なしで<タンブリング>(床上での前宙、バク転、側転などの跳躍、回転技)を行うのも話題となった。

その後、ドラマから舞台へとステージを移し、2010年9月に大東駿介主演で舞台化され、2作目(11年)は菅田将暉、3作目(12年)は柳下大、4作目(13年)は中尾明慶、5作目(14年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.