くらし情報『『まだ結婚できない男』P語る、前作スタッフが集結して描く“偏屈男”の変化』

2019年11月12日 08:10

『まだ結婚できない男』P語る、前作スタッフが集結して描く“偏屈男”の変化

『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜 後9:00)で、阿部寛は偏屈さに磨きのかかった主人公・桑野信介を好演中(C)カンテレ※写真は第6話より

『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜 後9:00)で、阿部寛は偏屈さに磨きのかかった主人公・桑野信介を好演中(C)カンテレ※写真は第6話より


13年ぶりに復活した、阿部寛主演の人気ドラマ『結婚できない男』。偏屈さに磨きをかけた主人公・桑野信介阿部寛)の日常を描き、続編『まだ結婚できない男』(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜 後9:00)も大きな話題を振りまいている。プロデュースを手がける米田孝氏に、13年による変化を描くうえでのこだわり。また、前作に続き“偏屈男”を好演する阿部の現場での様子について聞いた。

◆“リアル結婚できない男=スタッフ”の声も活かし、時代感を反映

2006年7月期に放送された『結婚できない男』は、偏屈な40歳独身の一級建築士・桑野信介が、女性たちとの出会いをきっかけに恋愛、結婚を模索していくコメディドラマ。主演の阿部が憎たらしくも愛らしい桑野をコミカルに演じ、当時大きな話題を集めた。

続編を作りたいという話は何度となく出ていたものの、なかなかタイミングが噛み合わず、その間に、時代は平成から令和へ。結婚をとり巻く環境や「人生100年時代」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.