くらし情報『新米ママ支援に奮闘する元ギャルママモデル「楽しんで育児することを伝えたい」』

2019年11月13日 08:40

新米ママ支援に奮闘する元ギャルママモデル「楽しんで育児することを伝えたい」

育児は「心」と話す日菜あこさん(34)。シングルマザーで3児を育てている。撮影/鈴木ゴータ (C)oricon ME inc.

育児は「心」と話す日菜あこさん(34)。シングルマザーで3児を育てている。撮影/鈴木ゴータ (C)oricon ME inc.


19歳で出産し、現在は3児のママをしながら心育児研究家として活動する日菜あこさん。かつてギャルママ雑誌の表紙を飾る人気モデルだった彼女は、現在、ママが制服を着て育児を学ぶ“ママ高校”の校長を務めている。自身の子育て経験と、20代後半で取得した子育てアドバイザーとメンタルスペシャリストの資格を活かし彼女が伝える育児法、新米ママ支援とは。

■心を込めることで変わる心育児元気で側にいてくれることが一番の幸せ

――日菜さんは現在、心育児(こころいくじ)研究家としても活動されています。“心育児”とは、具体的にどういったものなのでしょうか。

【日菜さん】簡単に言うと、育児に心を使うということです。おむつを替えたり、ごはんを作ったり、作業になりがちな育児に心を込めてやると、子どもたちの対応も変わるんですよね。

――自身のお子さんたちに実践した結果ということですよね。

【日菜さん】そうです。お母さんって、子どもにやさしくできない時があるのが一番の悩みだと思うんです。本当は大好きでやさしくしたいのに、できない時がある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.