くらし情報『中山美穂、娘役の土屋太鳳を“溺愛”「本当に欲しいな、この子」』

2019年11月14日 13:35

中山美穂、娘役の土屋太鳳を“溺愛”「本当に欲しいな、この子」

土屋太鳳(左)に“溺愛”してることを明かした中山美穂 (C)ORICON NewS inc.

土屋太鳳(左)に“溺愛”してることを明かした中山美穂 (C)ORICON NewS inc.


女優の土屋太鳳中山美穂が14日、都内で行なわれたBSプレミアムリバイバルドラマ『Wの悲劇』試写会後会見に出席した。これまで幾度も映像化されてきた夏樹静子の傑作ミステリーをもとに、互いを守り合う美しい母子を演じた2人。ともに黒のシックなドレスで登場し、中山は「本当に太鳳ちゃんはいい子で、ものすごくいい子だなと毎日感動していました。『美穂さんはどんな音楽を聴くんですか?』って…。そしたら私のおすすめする曲を一生懸命聴いてくれるんです。本当に欲しいな、この子って」と“溺愛”ぶりを明かした。

「私、大叔父様を殺しました」――製薬会社会長の大めいでありながら大叔父の殺害を告白する和辻摩子を演じた土屋は「大先輩方のいらっしゃる現場ですごく緊張していたんですけど、本当に楽しく刺激をもらいました。その刺激が映像にあらわれていると思う」と胸を張る。摩子の母・淑枝を演じた中山は完成作を見て「土屋太鳳ちゃんが堂々と演じてらして、母として誇らしい気持ちになりました」とその演技に胸を熱くした。

そんな母を演じた中山について土屋も「美穂さんは存在感、オーラがあり、現場にいるだけで摩子の気持ちがでてくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.