くらし情報『ジブリ美術館、11・16より新企画「おもいつき」展 ダメ出し資料も展示』

2019年11月15日 15:41

ジブリ美術館、11・16より新企画「おもいつき」展 ダメ出し資料も展示

『「手描き、ひらめき、おもいつき」展~ジブリの森のスケッチブックから~』に登場した(左から)安西香月館長、井上直久氏 (C)ORICON NewS inc.

『「手描き、ひらめき、おもいつき」展~ジブリの森のスケッチブックから~』に登場した(左から)安西香月館長、井上直久氏 (C)ORICON NewS inc.


東京・三鷹の森ジブリ美術館で15日、あす16日よりはじまる新企画展示『「手描き、ひらめき、おもいつき」展~ジブリの森のスケッチブックから~』がメディア・関係者向けに公開された。

今回の企画展示では、2001年の企画展示『千と千尋の神隠し展』をはじめ、これまでに宮崎監督が携わった企画展につながる600点を超えるアイデアスケッチや企画書などを通して制作作業を紹介する第一室。さらに、アニメーション制作会社のスタジオジブリが美術館を作ろうと思い立った経緯や建物などへのこだわり、どのようにジブリ美術館がつくられてきたのかを紹介する第二室で構成。

試行錯誤を繰り返した作業がある一方で、ひらめきやおもいつきにより生み出された展示物もあれば、「却下された絵なども含めて、日の目をみていないものも多数展示しています。じっくり観ていただければ」と、安西香月館長。

「宮崎監督からダメ出しをくらって、ものすごく直されている文章も展示しました。隠れテーマとして、お子さんたちがそういうものを見て、失敗しても、悩んでもいいんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.