くらし情報『綾瀬はるか主演『ぎぼむす』SPで正月に復活 連ドラから1年後のストーリー描く』

2019年11月16日 06:00

綾瀬はるか主演『ぎぼむす』SPで正月に復活 連ドラから1年後のストーリー描く

TBSドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』の放送が決定(C)TBS

TBSドラマ『義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル』の放送が決定(C)TBS


女優の綾瀬はるかが主演した2018年7月期のTBS系連ドラ『義母と娘のブルース』が、2020年1月2日に単発ドラマ『義母と娘のブルース2020年謹賀新年スペシャル』として放送されることが決定した。今回は、連ドラ版の1年後をドラマオリジナルストーリーで、無敵のキャリアウーマンの“義母”亜希子を演じる綾瀬はもちろん、“娘”みゆき役の上白石萌歌をはじめ、佐藤健井之脇海浅利陽介浅野和之麻生祐未らが再び集結。また、劇中では病気で亡くなった亜希子の夫・宮本良一を演じた竹野内豊も出演する予定となっている。

『義母と娘のブルース』は、桜沢鈴氏原作の4コマ漫画を実写化。主人公のキャリアウーマンが8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされ結婚、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。義母と娘、そして娘の実父という3つのコードがブルースを奏でるかのように、愛すべきキャラクターたちが繰り広げる少しおかしな日常…そしてその合間にピリッとした孤独が垣間見え、笑って泣けると幅広い層から高い評価を得て、最終話は平均視聴率が19.2%と人気を博した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.