くらし情報『競泳水着のこだわりは“ピッチリ感”「中にオイルを入れて着用すると一体感がたまらない」』

2019年11月19日 07:00

競泳水着のこだわりは“ピッチリ感”「中にオイルを入れて着用すると一体感がたまらない」

『サンクプロジェクト29×ソフマップ★コスプレ大撮影会』に参加したコスプレイヤー (C)oricon ME inc.

『サンクプロジェクト29×ソフマップ★コスプレ大撮影会』に参加したコスプレイヤー (C)oricon ME inc.


8日に開催された『サンクプロジェクト29×ソフマップコスプレ大撮影会』。会場となった秋葉原のソフマップでは、たくさんのモデルとカメラマンが参加して大いに盛り上がりを見せていた。

競泳水着の衣装で参加したのは、皆川なるさん。コスプレにハマったのは、「踊ってみた」がキッカケだったとか。「今回のこだわりは、このピッチリ感。ハイレグ具合もお気に入りです。ラバー衣装にハマったのは、肌触りのフィット感ですね。衣装の中にオイルを入れて着用すると、その一体感がたまりません!」と熱く語ってくれた。「これからもラバー衣装をもっと着ていきたい。『エヴァ』のプラグスーツをラバー素材で作りたいですね」

拘束具がアクセントになっているバニー衣装で目を惹いたのが、黒井杏蜜さんのコスプレ。今回で5回目の参加となる彼女に、コスプレの魅力を聞いてみると「好きな格好を季節関係なく着れること。感覚的には、年がら年中ハロウィンみたいな感じですかね」とコメント。ちなみに杏蜜さん、誕生日が10月31日のハロウィンとのことで、まさに“コスプレの申し子”?

ピンクのウィッグとカラコン、フェイクレザー素材で揃えたランジェリーの統一感がポイントだと話してくれたのが、今回初参加の黒居ろくさん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.