くらし情報『内博貴、桂ざこばと舞台共演に歓喜「パパと同じステージに」 “原点”の大阪松竹座公演』

2019年11月19日 04:00

内博貴、桂ざこばと舞台共演に歓喜「パパと同じステージに」 “原点”の大阪松竹座公演

舞台『喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』の桂米團治役に内博貴が決定

舞台『喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』の桂米團治役に内博貴が決定


俳優の内博貴が2020年2月公演大阪松竹座『桂米朝五年祭記念喜劇 なにわ夫婦八景 米朝・絹子とおもろい弟子たち』に出演が決定した。上方落語とともに歩んだ、桂米朝中川絹子夫婦の人生行路を描く同舞台において、夫妻の意志を受け継ぎ、現在上方落語界の一線で活躍する五代目桂米團治役を演じる。主演の真琴つばさが絹子、米朝を筧利夫が演じる。

2015年3月にこの世を去った上方落語の巨星・桂米朝。このほど、米朝の五年祭を前に、米朝とともに数々の弟子を育てあげた絹子夫人の人生模様を描いた『なにわ華がたり』(廓正子 著)を舞台化。大店の跡取り娘が周囲の反対を押し切って OSSK(大阪松竹少女歌劇団、現 SK日本歌劇団)に入団し、“駒ひかる”の名で一世を風靡した華やかな時代から、戦中戦後の混乱期を生き抜き、当時無名落語家であった桂米朝と出会い、人生をともに歩むまで…。

今や上方落語を語る上で欠かせない桂米朝を陰日向となり支え続けた絹子夫人の人生から、これまでに明かされることのなかった米朝の素顔や、息子であり弟子である現・米團治をはじめ、個性豊かな弟子たちとの波瀾万丈ながらも温かな共同生活を描いていく。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.