くらし情報『神木隆之介、池井戸原作ドラマ初主演 『鉄の骨』WOWOWでドラマ化』

2019年11月20日 08:00

神木隆之介、池井戸原作ドラマ初主演 『鉄の骨』WOWOWでドラマ化

人気作家・池井戸潤原作、WOWOW『連続ドラマW鉄の骨』(2020年4月スタート)に主演する神木隆之介

人気作家・池井戸潤原作、WOWOW『連続ドラマW鉄の骨』(2020年4月スタート)に主演する神木隆之介


俳優の神木隆之介が、作家・池井戸潤氏の小説を原作とするWOWOW『連続ドラマW鉄の骨』(2020年4月スタート、毎週土曜後10:00、全5話※第1話無料放送)で主演を務めることが明らかになった。神木が池井戸原作ドラマ初参加。「大変光栄に思っています。『鉄の骨』は、とても人気のある作品で、ファンの方もたくさんいらっしゃると思うので、プレッシャーを感じていますが、それと同時に、どんなドラマになるのか今からとても楽しみです!」と、張り切っている。

原作は、中堅建設会社入社4年目の若手社員、富島平太が、自らの理想と、会社員としての使命の狭間で葛藤する姿とともに「談合」は“必要悪”かをテーマに迫力のある人物描写で描いたもの。会社とは、組織とは、守るべき信念とは、そして正義とは何かを問いかける。

現場から“談合の窓口”と呼ばれる業務部に異動した平太は公共事業の入札を巡る企業間の死闘や策略、そして談合の裏側を目の当たりにする。建設現場を愛し、不器用で実直な平太は、談合に後ろ向きだったが、やがてゼネコン幹部たちと渡り合う中で、「談合は必要悪か、ただの保身か」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.