くらし情報『古川真人氏、四度目の正直での芥川賞に「あわあわ」 率直なトークで笑い誘う』

2020年1月15日 19:56

古川真人氏、四度目の正直での芥川賞に「あわあわ」 率直なトークで笑い誘う

率直なトークで笑いを誘った古川真人氏 (C)ORICON NewS inc.

率直なトークで笑いを誘った古川真人氏 (C)ORICON NewS inc.


日本文学振興会は15日、『第162回芥川龍之介賞・直木三十五賞』の選考会を東京・築地「新喜楽」で開き、芥川賞は古川真人氏(31)の『背高泡立草(せいたかあわだちそう)』(『すばる』十月号掲載)、直木賞は川越宗一氏(41)『熱源』(文藝春秋)に決定。会見場に現れた古川氏は「うれしさというのはまだないです。おそらく2日後とか3日後とか、生活に日常に返っていくと、風呂でシャンプーをしていて、ほくそ笑むとかになるんでしょうけど…」と率直な感想を打ち明けた。

古川氏は1988年7月29日福岡県福岡市生まれ。第一薬科大学付属高等学校卒。2016年『縫わんばならん』で第48回新潮新人賞を受賞しデビュー。同作は第156回芥川賞候補に選出。その後も『四時過ぎの船』で第157回、『ラッコの家』で第161回の同賞にノミネートされ、今回が四度目の正直で受賞となった。

今回の受賞を受けて「2016年に新潮で新人賞を取って、初めて担当編集の方と打ち合わせをする機会があったのですが、打ち合わせが終わって、帰りの地下鉄に向かう時に、オレこれからどうなっちゃうんだろう、なんでこうなっちゃったんだろうみたいな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.