くらし情報『佐藤二朗、玉城ティナ主演ドラマに脚本開発やキャスティングで参加』

2020年1月21日 18:07

佐藤二朗、玉城ティナ主演ドラマに脚本開発やキャスティングで参加

U-NEXT独占配信 & カンテレ放送「このミス」大賞ドラマシリーズ第5弾『そして、ユリコは一人になった』(2020年3月配信&放送予定)出演者

U-NEXT独占配信 & カンテレ放送「このミス」大賞ドラマシリーズ第5弾『そして、ユリコは一人になった』(2020年3月配信&放送予定)出演者


動画配信サービス「U-NEXT」とカンテレがタッグを組み、「このミステリーがすごい!」大賞(宝島社)の関連作品をドラマ化する“「このミス」大賞ドラマシリーズ”。シリーズ第5弾『そして、ユリコは一人になった』(第18回「このミステリーがすごい!」大賞U-NEXT・カンテレ賞受賞)で、賞の選定に携わった俳優の佐藤二朗が、ドラマ化に際して「クリエイティブ・アドバイザー」として脚本開発やキャスティングで参加していたことが明らかになった。

これまで「このミス」大賞ドラマシリーズ全作品に特別出演している佐藤が、本作ではこれまでにないほど重要な役で登場予定。佐藤は「今回わたくし、主人公のキャラ造形のアイデア出しや、生徒役のオーディションに参加したりしました。オーディションでは将来が楽しみな原石が、1人見つかったと喜んでおります。僕は下山監督とも杉山監督とも以前、お仕事をしたことがありまして、とても信頼の置ける監督ですので、作品の仕上がりを楽しみにしております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.