くらし情報『川崎麻世、来月の離婚訴訟判決へ「真実は1つ」 控訴も見据えため息つく場面も』

2020年1月22日 16:28

川崎麻世、来月の離婚訴訟判決へ「真実は1つ」 控訴も見据えため息つく場面も

来月の離婚訴訟判決へ胸の内を明かした川崎麻世 (C)ORICON NewS inc.

来月の離婚訴訟判決へ胸の内を明かした川崎麻世 (C)ORICON NewS inc.


俳優の川崎麻世が22日、都内で行われた『第28回たかの友梨エステティックシンデレラ大会2020』授賞式に司会として出席。式後の囲み取材では、妻でタレントのカイヤとの離婚訴訟について言及し、来月に控えた判決について「真実は1つなので。いい方向に向かえばいいなと思っている」と胸の内を明かした。

川崎とカイヤは1990年に結婚。長女と長男が成人したこともあり、川崎が離婚調停を起こしたが、不調に終わっていた。2018年に川崎がカイヤに対して離婚を求め提訴したと明らかにした。一方、カイヤは川崎の主張の一部が「事実と異なる」と反論し、川崎に対し、離婚と2000万円の慰謝料を求め反訴。昨年10月の口頭弁論では両者が証言台に立ち、意見を述べた。2月3日に判決が下される。

川崎は裁判の感触について「悪くない」と言うが、「不服が出ると控訴になる。お互いに(高等裁判所でも)やるんじゃないでしょうか。長いですね」とため息をついた。あらためて自身の結婚生活を振り返り、「行動を起こして3年、別居して15年くらい。結婚生活の半分は別居している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.